ほえほえPSO PSO2のプレイ日記とかです

クリップボードに保存されたスクショを使用する

PSO2   2017.05.27 Sat 03:28

※ 本記事は、PSO2のWindows PC版のみで使える内容となります。PS Vita版および、PS4版は対象外です。

Windows版PSO2は、キーボードの【PrintScreen】(PrtSc)キーを押すことで、ゲーム画面のスクリーンショットを撮影することができます。
PSO2アプリケーションの機能として、権利表記「© SEGA」が挿入された画像が、「ドキュメント」→「SEGA」→「PHANTASYSTARONLINE2」→「pictures」フォルダーに自動的に保存されます。

これとは別に、Windowsの標準機能として、同じく【PrintScreen】キーを押すことで、ディスプレイ(モニター)に映っている映像がスクリーンショットとしてクリップボードに保存されます。PSO2のゲーム画面も例外ではありません。
これ、あまりにも基本的なことで当たり前すぎて、気づいていない人もいらっしゃるようです。
こちらは、Windows標準搭載の「ペイント」や、その他の画像編集ソフトに貼り付けることで、画像として保存できるようになります。

※ Windows 8以降では、【Windows】キー +【PrintScreen】キーを押すことで、画面全体がPNG画像として、「ピクチャ」フォルダー内の「スクリーンショット」フォルダーに自動的に保存されるらしいです。
ウチはWindows 7なので、PSO2実行中にこの操作をすることで、どのような結果になるのか、わたしにはわかりません。

参考リンク
Windowsのスクリーンショットの撮り方 [Windowsの使い方] All About
クリップボード – Wikipedia

【PrintScreen】キーを1回押すことで、PSO2の機能とWindowsの機能で、1枚ずつ、合わせて2枚のスクリーンショットが撮れるわけです。
二つの違いは・・・

PSO2:権利表記が入る
Windows:権利表記なし

撮影時のみ「ウィンドウ表示なし」設定の場合
PSO2:インターフェイス表示なし
Windows:インターフェイス表示あり(チャットコマンド「/uioff」で表示なしにすることも可能)

ウィンドウモード時
PSO2:ゲーム画面のみ
Windows:デスクトップ全体(ゲーム画面部分をトリミング(切り出し)する必要あり)

ここまでが基本的な説明、ここからがやっと本題。
Windowsの機能で撮れるほうのスクリーンショットの使い道です。

激レアアイテムの上級鑑定画像を撮ったけど、うっかりインターフェイス表示なしにしてしまった
ちゃんと撮れたかどうか、その場でスクショを確認すればいいのですが、興奮して、つい鑑定結果を閉じてしまったとかね(笑)
すぐに気づけば、インターフェイスありの画像がクリップボードに保存されているわけです。

画像をトリミングして使いたいけど、自動挿入される権利表記が邪魔
Twitterのプロフィール用の正方形の画像とか。奇跡の一枚なのにどうしても権利表記が中途半端に入ってしまうとかね。
スクショの用途によっては、チャットコマンド「/uioff」でインターフェイス非表示にして撮影する必要があるでしょう。

縦長画像の右上または左下に、90°回転した権利表記が入っているのが気に入らない
カメラ選択機能で90°回転させた状態で撮影し、画像加工で縦画像にするとそうなりますよね。
こちらも、用途によっては、チャットコマンド「/uioff」でインターフェイス非表示で撮影ですね。

NPCとの会話のテキストを撮影する
撮影時のみ「ウィンドウ表示なし」設定のとき、インターフェイスを表示した状態で撮りたい場合は、【Ctrl】キー +【PrintScreen】キーを押せばいいわけですが、NPCとの会話を撮ろうとしても、【Ctrl】キーを押すことで先に進めてしまい、撮りたい部分が撮れなかったりします。
その場合、【PrintScreen】キーのみで撮影し、クリップボードの画像を保存すればいいわけです。わふーい♪

※ いずれも、権利表記が入っていない状態なので、文字入れ加工などで必ず入れましょう。PSO2のスクリーンショットには、権利表記を入れるのがルールです。
著作物利用ガイドライン | 『ファンタシースターオンライン2』プレイヤーズサイト

キャプチャーされる二種類の画像は、撮れるタイミングがずれる場合があります。
PSO2の機能で撮ったスクショのほうがいいな、こっちを使いたいなという場合、動きのない画像であれば、撮影タイミングが多少ずれていても、キャラの位置や背景などがほとんど同じだったりすることも多いので、PSO2の機能で撮影した画像の権利表記部分に、Windowsの機能で撮れた同じ部分をコピー&ペーストして、権利表記を一旦消してしまうという技もあります。

比較画像

今回ご紹介した技は、大量のスクショを連写して、そのなかからいいのを選ぶなんて場合は使えないですね。
その場合は、なんか適当なスクリーンキャプチャソフト(静止画または動画)を使えばいいかと。

あと、画質の差はどうなんでしょうね。ウチのPC環境とわたしの目で見る限りは同じかなーって感じですが、Windowsの機能で撮れる画像のほうが画質が悪いのなら、気になる人は使う気にならないでしょうね。


関連記事





TIPS:
「続きを読む »」をクリックすると、折りたたまれている内容が展開される(PCのみ / JavaScript有効時)
記事URL「http://runa.matrix.jp/clipboard-screenshot/」は変更する可能性があります。
リンクの際はリンク用URL にお願いします。

コメントを残す