ほえほえPSO PSO2のプレイ日記とかです

エルシディオンを頼みません

PSO2   2015.10.13 Tue 21:00

※ チラ裏です。

「ファンタシースターII 還らざる時の終わりに」
「ファンタシースター 千年紀の終りに(PSIV)」とかのネタバレを含みます。

あと、PSO2のシナリオや設定といった部分への否定的な内容を含みます。

「ファンタシースター 千年紀の終りに(PSIV)」そして、ファンタシースターシリーズのアルゴル三部作(PSI、II、IV)のラスボスである「深遠なる闇」。
PSO2にも同名の敵が登場するようで、同一の存在なのか別モノなのか気になっていましたが、どうも今のところ全く別のモノっぽい感じですね。

作品自体、旧シリーズとPSO以降は作風など、かなり別物だと思うので、無理につなげてほしくないと思っています。
でも、違う世界のお話だと判断できる材料はほとんどないので、つながっちゃう可能性は、ゼロではないんですよね。

ひとつ気になるのが、アルゴル三部作の舞台、アルゴル太陽系の4惑星と、PSO2に登場する惑星に似通った部分があることです。
「もしかして、同じ惑星だったり?」などと考えるのは、それほど不自然なことではないでしょう。

最初に言っておきますと、実際にはそれは、シリーズファンへのサービスとして、似た要素を入れただけであると考えるべきでしょう。
つまり、二つの世界に登場する星々は、全くの別物であると。「ファンタシースターユニバース」のグラール太陽系という前例もありますし。
(グラールは、惑星の名前や一部のイメージなどをアルゴル太陽系に似せてあるけど、二つは別の宇宙に存在し、無関係であるらしい。)

でも、アルゴルとPSO2の惑星は同じ物ですってことになっちゃうんじゃないかなと不安に思っています。
根拠はいいかげんなものです。私のかな~り病的な被害妄想みたいなものだと思っていただいて結構です。

「超弩級戦艦ビッグヴァーダー!」
「惑星サイズのダークファルス!」
「全知!」「アカシックレコード!」「創世器!」

…などなど、今作の設定やシナリオ担当のみなさんは、無駄にでかいことを言いたいアレみたいなので、「ファンタシースター創世神話」を作ってやると企んでるんじゃないかと。
(知っている人に)わかりやすくたとえるなら、「ドラクエIII」みたいなことをやらかす気ではないかと。

PSO2最終エピソードのスタッフロールの最後に「TO BE CONTINUED PHANTASY STAR I」とか、「創世器エルシディオン!」とかね。
(「聖剣エルシディオン」= PSIVに登場。"深遠なる闇を滅する力を持った、おそらく唯一の武器" らしい。)

PSO/PSUシリーズは、これまでにも、過去作のファンにケンカを売るような、あれやこれやをやらかしまくっていますからね。

アルゴル太陽系は、「大いなる光」が「深遠なる闇」を封じるために作った、巨大な封印装置です。
光(と闇)は、たぶん神様みたいなすごい存在なんだろうって感じなので、すごい能力で一瞬で作っちゃったとかかもですが、
宇宙のあちこちから、パワーのある惑星を集めてきて作ったとかいうほうが面白いかなと思ったり。
「大いなる光」がどのような存在なのかが未だに不明なのも気になるところで。実は人間みたいなものだったりとか。

自分でツッコミ入れときますが、これは結論が先にあって、無理やり理由を後付けしたしょーもない妄想ってやつです。

大いなる光は、一つの恒星と三つの惑星からなる封印装置を創り、それぞれの惑星に1種ずつの知的生命体を「封印の護り人」として配しました。
千年に一度、封印が弱まることを警告するために、千年周期の公転軌道を持つ、第4惑星「リュクロス」も創造。
ちなみに、公式年表によると、アルゴル太陽系の創造は、わずか200万年前のことだそうです。

アルゴル太陽系の各惑星の比較をしてみます。これも無理やりな、こじつけレベルですけどね。

第1惑星「パルマ」

地球タイプの水と緑の惑星。護り人はヒューマンタイプの「パルマ人」。

これはナベリウスっぽいかなと。で、オラクルのヒューマンが住むことになったと。ほかの3種族は淘汰されたかなにか。
SF作品で、複数の星が登場する場合、そのなかに地球タイプの星があるのはお約束なので、既に強引なこじつけですが。

第2惑星「モタビア」

砂の惑星。護り人は「モタビアン」。毛むくじゃらで、ゴミ集めが大好きで、ガラクタからなんでも作ってしまう。
水上を進む乗り物「ジェットスクーター」を作ったりも。

これはもう、リリーパとリリーパ族ですね。
モタビアンとリリーパ族では、顔つきや耳の付きかたが全然違うんだけど、人工進化させたとかね。うん、かなり強引。

第3惑星「デゾリス」

氷の惑星。ファンタシースターIIでルツという人物が主人公たちを待つ、エスパーの館に続くクレバス地形のダンジョンの見た目が、アムドゥスキアの火山洞窟に少しだけ似ています。
アムドゥスキア洞窟は、洞窟と言いつつ、空が見えているエリアが結構多いですよね。あのあたりに似ている気がします。

デゾリスの護り人は「デゾリアン」。緑色の皮膚で、見た目がグレイ(宇宙人)とか即身仏、最近ではナメック星人ぽいと言われる種族。
考えてみると、デゾリアンて爬虫類ぽいとも言えるかも(顔が亀っぽい)。龍族が進化したのかも!

第4惑星「リュクロス」

千年周期の公転軌道を持つ不可視の惑星。知的生命体は存在しない。精霊っぽいのが数人いる。
警告のためだけに創られた、生物が全く存在しないっぽい雰囲気(個人的な印象です)の星です。

これまでPSO2に登場した惑星で、残るはウォパルとハルコタン。リュクロスっぽいのはどちらかというとウォパルですね。
リュクロスの神殿や塔と、ウォパルの建造物は、似ているといえば似ているかもしれない。海水は、どっか行っちゃったんでしょう。

すみません。いくらなんでも強引すぎました!

繰り返しますが、アルゴル三部作とPSO2の惑星、そこに住む知的生命体に類似点がある(実際は大して似ていない)こと、
ダークファルスや深遠なる闇という同じ名前の敵が登場することなどから、三部作につながる過去の話では?と考え、その結果から強引に理由付けをしただけの話です。

ぷそつーの設定やシナリオ関係のスタッフなら、こんなしょーもないことをやらかしかねないと、バカにしてるだけな感じです。

最初に思いついたのは、いつだったか忘れたけど、結構前です。その後ストーリーが進み、深遠なる闇とか、どうも別モノっぽいので、今はもう、過去作とは一切関係ないなと安心しているというのが本当のところです。

だから私が本気で心配しているなどと、真に受けないでくださいね。バカ話なんですから。
「ドラえ○ん = ターミ○ーター 説」みたいなもんです。

参考リンク
ファンタシースター 千年紀の終りに | Wii(R) バーチャルコンソール メガドライブ 公式サイト
PHANTASY STAR HISTORY(Archive)





ランキングサイトへの投票ありがとうございます(* ̄▽ ̄*)
記事URL「http://runa.matrix.jp/p-151013/」は変更する可能性があります。
リンクの際はリンク用URL にお願いします。
  • つくづく より:

    こんにちは。
    成る程、と思いながら読ませていただきました。
    ワタクシも、隠し要素としてアルゴル太陽系の惑星がモチーフになっているのでは、と思った時期がありました。 今は違いますけれど。

    繋がりはないと言われても、シリーズと銘打たれると、つい考えてしまいますね。

    • 瑠奈 より:

      こんにちは。コメントありがとうございます^-^
      しょーもない駄文を読んでいただき恐縮です。
      まあ、本気で考えていたわけではないです。
      設定資料集で新たに判明した設定に酷いのがあって、相変わらずやらかしてるなーと思いまして。
      「こんなバカなこと」もやらかしかねないけど、やめてくださいねという思いで書きました。

      あまり否定的なことばかり書くのも感じ悪いので、ちょっと書いておきますが、PSO以降の作品との繋がりは楽しみにしています。
      壊世ナベリウスにガル・ダ・バル島のガルグリステージが出現したこととかね、気になります!

コメントを残す