ほえほえPSO PSO2のプレイ日記とかです

ファンタシースターは「ゆるいSF」

PSO PSO2 ファンタシースター   2017.08.27 Sun 02:12

SFの世界観が特徴のファンタシースターシリーズですが、SF考証とか科学考証みたいのは、結構テキトーだったりします。
個人的には、本格的なSFを求めてプレイしてきたわけではないので、ゆるくてテキトーでいいと思っています。

今回は、ファンタシースターI~IV(千年紀)の無茶な設定の一部をご紹介したいと思います。あとおまけのPSOとPSO2。

※ 批判記事ではありませんし、否定的な内容のつもりもありませんが、ド素人であるわたしの想像による「正しくないかもしれない」「無理があるかもしれない」ことへのツッコミなので、不快に感じる方もいらっしゃるかもしれません。一応閲覧注意かも?

「ファンタシースターII 還らざる時の終わりに」「時の継承者 ファンタシースターIII」「ファンタシースター 千年紀の終りに(IV)」などのネタバレを含みます。

『惑星入れ替わり』[PSII]

アルゴル太陽系がなにかと無茶なんです!

「ファンタシースター(I)」の取扱説明書に掲載されているイラストを自作画像で再現したものです。実際のデザインとは多少異なります。

「ファンタシースターII」の取扱説明書に掲載されているイラストを自作画像で再現したものです。実際のデザインとは多少異なります。

「ファンタシースター(I)」の時代は、「第二惑星モタビア」が太陽に最も接近する公転軌道を持っています。
太陽に一番近づくのが第二惑星なのは気になりましたが、理由はいろいろ考えられるし、そもそも異世界なので問題はないのでしょう。

問題なのは、「ファンタシースターII」です。
取説(取扱説明書)に掲載されているイラストは、惑星の公転軌道の形などが1作目の取説のものとほとんど同じで、「パルマ」と「モタビア」の位置だけがそっくり入れ替わっており、以下の説明が添えられています。

各惑星の軌道は1000年の間に大きく変化し、現在は、太陽から近い順に、パルマ星、モタビア星、デゾリス星となっています。
引用元:(株)セガ・エンタープライゼス メガドライブ用ソフト「ファンタシースターII 還らざる時の終わりに」取扱説明書

公式年表には「3惑星が一直線に並ぶ”合”発生。重力干渉により…」入れ替わったとあるようです。

知識のないド素人の想像ではありますが、無茶すぎるんじゃないかな。実際にあり得るとしても、たぶんかなり珍しいことだと思うので、こうしてネタにするのは問題ないかとー?

ちなみに、取扱説明書掲載時から明確に設定変更されたのか、なんとなく変えてみただけなのかわかりませんが、現在は、下のリンク先の一番上の画像のように、モタビアの軌道の下側が、パルマのそれと交差していることになっているようですね。

『ファンタシースター』の舞台「アルゴル太陽系」- 名作アルバム -『ファンタシースター』-

『人工衛星ガイラ』[PSII]

「第一惑星パルマ」に落下。それにより、パルマは爆発・消滅してしまいました。恐ろしい。
人工衛星が落ちたくらいのことで惑星が爆発した理由については、ゲーム内では一切語られませんでした。
(ガイラの「対消滅反応炉の爆発」説はソース不明で公式設定であるのか判断ができないのでとりあえずスルー。)

『シーレン』[PSIII]

ファンタIIIのパーティーメンバーの一人である、ロボットの「シーレン」は、スカイシーレン、マリンシーレン、サブマリンシーレンの3種類の乗り物に”変身”するのですが、大きくなったような描写はないため、「人間サイズのまま、どうやって4人の仲間を乗せているのか謎」と、ネタ的に話題になりました。

IV(千年紀)のスタッフさんが冗談で、IVに登場するアンドロイドのフォーレンも変形させたかったけど、どうやって4人乗せているかの問題が解決できなかったので断念したとかおっしゃっていました(笑)

『第四惑星リュクロス』[PSIV(千年紀)]

千年周期の公転軌道を持つ不可視の惑星。強力な結界に護られており、視覚的に見えないだけではなく、レーダーなどにも反応しないらしいです。
重力もなのかな? 重力が観測できれば、ファンタIやIIの時代の科学力なら発見できていたと思うので。

それが主人公達の目の前に突然現れたわけです。
亜空間から出てくるとかだとしたら、千年周期の公転軌道…って設定は不自然じゃないかと思います。ちゃんと通常空間に存在して、不思議パワーで見えなくしている感じじゃないですかね?

これはもう、SFとか科学考証の範疇ではなく、魔法とか神様の力とかそっち方面と思われますが、つまりわたしがなにを言いたいかというと、ファンタシースターってこういうのも許容される、ゆるい世界観なのですよと(個人的感想)。

『惑星間航行? 恒星間航行?』[PSO] [PSO2]

GC版PSO オープニングムービー

「超長距離惑星間航行用の移民船」

恒星間航行か、銀河間航行の間違いですよね。
PSOの設定を知らなくても「超長距離」となっているため、おかしいのがわかるかと思います。

ドリームキャスト版、ゲームキューブ版、Windows PC版(PSOBB)、全部「惑星間」でした。

そして、PSO2でも・・・。

『PSO2』の世界|『ファンタシースターオンライン2』プレイヤーズサイト|SEGA

「惑星間航行船団」

PSO(1)の開発期間を考えると、20年くらい間違いっぱなしじゃないですか!Σ( ̄□ ̄lll

最後に…
PSO2に今後も新惑星の追加とかあるなら、巨人や小人の星、重力が軽い/重い星、二重惑星、惑星の衛星…とかとか、ちょっと変わった星が欲しいです。SF考証とか科学考証はテキトーに!





TIPS:
右上の「スタイル選択」で、ブログのデザインを変更できる(PCのみ / JavaScript有効時)
選択したスタイルはcookieに保存される
記事URL「http://runa.matrix.jp/yurui-sf/」は変更する可能性があります。
リンクの際はリンク用URL にお願いします。

コメントを残す